シモンのホームページにようこそ、山で遊びましょう

山で遊ぼう

 山は恵みに満ちています。山の自然の懐に抱かれて遊んでもらいましょう。
四季折々の自然の中で登山や山々の展望を楽しみ、山の花、山菜、樹木、野鳥、動物等とふれあい楽しんでおります。

これまでいろいろ遊んできたことをホームページに纏めました。皆さんも一緒に楽しんでください。
まだ工事中が多いですが順次整備して行きます。


        世界第2の高峰「K2」の朝焼け:バルトロ氷河コンコルディアにて(2008年9月3日早朝)
           2008年8月22日~9月15日までの25日間、世界の高峰K2などを見にパキスタン北部・カラコルムの
           バルトロ氷河トレッキングに出掛けました。この氷河上で70歳(古希)の誕生日を迎えました。
                                  カーソルで触れると別の画像が見られます

総合目次

INDEXへ


2016.5.27に更新しました。

あっという間に春も過ぎ初夏になりました。今年はツツジの当り年、ツツジを追いかけて楽しんでいます。
昨年山火事のため中止となったジャワ島のツアーが5月に催行されたので参加してスメル山に登頂してきました。

主な山行(県外のみ。茨城の山は「いばらきの山日記」を参照下さい)
★3月13日~14日  安達太良山(スノーシュー)
★4月30日~5月1日 額取山(磐梯熱海)
★5月15日~22日 ジャワ島(スメル山登頂と展望、ヴォロブドール仏教遺跡)

・今月の写真を更新。(2016.5.27)
・今月の写真を更新。(2016.3.10)

今月の写真。
ジャワ島の最高峰スメル山に登頂してきました!

スメル山は富士山より100m低い標高3676mの活火山です。山名は古代インドにおいて世界
の中心に聳える聖山とされた須弥山(スメール山、サンスクリット語 SUMERU)に由来する。

★★★★登頂には標準の行程でテント泊3回の3泊4日を要する。
★★★間欠泉のように水蒸気の噴煙が約15分間隔で吹き上げる。
★地元インドネシアの若者達に人気の山で、大勢登りに来ている。

(「5cm」という映画と小説の影響とのこと)
ブナンジャカン展望台からスメル山の絶景を見ることができる。
(こちらは観光地。大勢の人が早朝から押し寄せてくる)

 山 頂 の 風 景

噴煙と影をバックに山頂で記念写真(5月18日5時53分)

登りの途中、山頂近くなって空が明るくなってきたので写真を撮る。
ブナンジャカン展望台の方向の展望で、遠くに白く靡くブロモ山の噴煙。

山頂手前を登っている所(5時9分) 噴煙が上がっています。

山頂到着。山頂と影スメル山

自分の長い影

ブナンジャカン展望台方面を眺めた展望。
白く流れているのはブロモ山の噴煙。その向こうが展望台。

ご来光(5時31分)と山頂からのパノラマ。

同上

上の二つをつないだパノラマ(約270度くらい)

約15分間隔で吹き上がる噴煙。

噴煙をバックに

下山の風景


 ブナンジャカン展望台と
ブロモ山登頂

現地で買った絵葉書の風景。展望台からはこの様は景色が見えるらしい。
手前富士山形の山はバトック山、その後の噴煙を上げているのがブロモ山、
一番奥の山がスメル山である。早朝雲海ができることがあるのでどのような
景色となるか期待して出掛けたが、雲海で手前の山々は見えなかった。
今回は展望台で見た後、カルデラに下ってブロモ山に登頂してきました。

日の出前風。手前は雲海でブロモ山など見えない。残念。

日の出の後の展望同上

同上

同上

日の出の時間が終わり、混雑していた展望台も人が少なくなってきました。

夜明け前は4WD車が道路両側に路駐して大混雑でした。

カルデラに下ってブロモ山へ登頂しました。ブロモ山の麓まで来た所です。
一面砂の海です。急な階段を登ると火口壁上に出て火口が覗けます。

傍らの格好の良いバトック山です。

ブロモ山の火口の縁で記念写真。。

バトック山を背景に

火口の縁です。大きな火口です。人影が見えます。

火口壁上から登ってきたカルデラを眺める。

歩き始めた駐車場所へ戻りました。

キャンプ地、登山中の様子、ヴォロブドール仏教遺跡など後で追加の予定です。乞期待。
下記はスメル山の登山道ですが、砂礫のズルズルの登りにくい急傾斜の道でした。

 今月の写真終りです。ご覧下さり有難うございました。

INDEX
茨 城 の 山 茨城県の1/25000の地形図に名前の載っている山は約120あります。これらの山を1つ1つ登って楽しんでおります。登山ガイドなどの本に載っていなくて登山道のわからない山が沢山あり、時には藪漕ぎなどもします。山名リストと山行記、写真等を掲載しています。
   「ある日の茨城の山の山遊び

いばらきの
   山日記
 <随時更新しています>
茨城の山にはほとんど登ってしまったが相変わらず同じ山にコースや季節を変えて何度も登りに行っています。今回ブログ形式の日記風に纏めることにしました。
私の登った
  全国の山
北海道、東北、関東、中部、日本アルプス、近畿、中国・四国、九州の各地区に分けて整理中です。
 「日本三百名山」を追加   現在登頂数:226/300
          一部工事中です。
Remillard氷河 海 外 の 山 海外の山にも何度か出掛けています。山行記録を掲載します。
カナディアン・ロッキー(1997.7):ヘリハイクとMt.Robsonなど
ニュージーランド(2000.2):ルートバーントラックとマウントクックなど
ネパール(2001.4):アンナプルナとダウラギリパノラマハイキング
中国の四姑娘山(2001.7):大娘姑山(5025m)登頂&花トレック
キナバル山(2002.3):マレーシア最高峰キナバル山(4095m)登頂
・キリマンジャロ(2005.3):キリマンジャロ(5895m)登頂&サファリ
・カムチャッカ半島(2005.7):アバチャ山(2741m)登頂&フラワーハイキング
バルトロ氷河(2008.8,9):世界第2の高峰K2他の山岳展望トレッキング
ブランカ山群(2010.6):ペルーアンデスのブランカ山群トレッキング
ピレネー(2011.7):ピレネー山小屋縦走トレッキング9日間
韓国の山(2011.10):雪岳山と北漢山に登頂
ヨセミテ国立公園(2012..9):Mt.ホフマン、レンバードドーム、Mt.デイナに登頂
香港の山(2013.1):香港の名峰 馬鞍山、シャープピーク、鳳凰山登頂
ニュージーランド北島(2014.2):ルアペフ山、タラナキ山、トンガリロ・クロッシング
カナダ(2014.7.13):エスプラナーデ山小屋縦走9日間
新規アップの
 山行記録
佐渡の昔の山行記録と2度目の佐渡をアップしました。
朳差岳
山の花 山行に出掛けた折々に撮った花の写真を少しづつ整理して、順次掲載しております。
日本の花の他、海外の花も掲載しております。
最近見た山の花など(2015年5~6月)を追加しました。
最近見た山の花(2015.7)」を追加しました。
山行の写真 山行に出掛けて、山の展望などきれいだなと思って撮った写真を、山行記録風に纏めました。茨城の山の写真は「茨城の山」の方に掲載します。
女峰山・羽黒尾根のツツジ観賞」を追加。
カムイエクウチカウシ山」、「穂高縦走」を追加。
年間の山行記録 2006年以降の年間山行記録を纏めています。
 2011年の山行記録を追加しました。
年間100日以上歩いていますが、健康に感謝です。
水戸アルパインクラブ 私の所属している山の会です。その紹介を掲載。
更新履歴 2016.5.27 更新 ・今月の写真を更新
2016.3.10 更新 ・今月の写真を更新
2016.1.1 更新 ・今月の写真を更新


自己紹介です

こちらへもどうぞ

御意見・感想などお寄せ下さい

画像付きの「山の談話室」です

   ホームページ管理者 下山和彦 k.simon@nifty.com
   このホームページはリンクは自由ですが、リンクを張られた場合は御一報下さい。