韓国の名峰・雪岳山登頂と北漢山ハイキング5日間

2011.10.15〜10.19アルパインツアーサービスのツアーに参加して、韓国の山に登ってきました。

【概要】
  1. 期間 2011年10月15日〜19日
  2. ツアーリーダー  鈴木央司
  3. 参加者 15名
  4. 費用 \142,000
  5. 行動日程概要
    • 10月15日 成田発9:25-仁川着11:50 仁川-(バス4時間)-束草 ホテル・マレモンス宿泊
    • 10月16日 雪岳山(1708m)登山。山頂近くの中青山荘(寝具は貸出、食事はない)に宿泊する
        束草-(バス)-龍岱理-(シャトルバス)-百潭寺(登山口)  登山口から水簾洞渓谷を進み、
        小青峰(1550m)を経て大青峰(1708m)直下の中青山荘に宿泊
    • 10月17日 早朝、最高峰の大青峰に登り御来光を迎えてから下山し、仁川へバスで戻る
        千仏洞渓谷を下り飛雲台休憩所へ。山菜ビビンバの昼食後雪岳洞へ下山。尺山温泉に
        入浴後、バスで仁川へ戻る。焼肉の夕食を食べてホテルへ。
    • 10月18日 北漢山ハイキングで白雲台に登頂する。
        ソンウンサ登山口−霊峰−白雲台(837m)−道洗寺へ下山  サムゲタンの夕食後ホテルへ
    • 10月19日 帰国 仁川10:10-成田12:30
韓国の料理については別に纏めました。

下記の画像をクリック下さい。

以下は韓国の山ハイキングです

雪岳山の最高峰大青峰です。手前に見えるのが待避所(避難小屋)です。
カーソルで触れると北漢山の仁寿峰の岩峰が見られます。

 
10/16 雪岳山の登山口百潭寺から中青山荘まで(前半)
 
 専用バスで出発し雪岳山国立公園に入る。バスの車窓から山が見えて
いました。登山口へ入るにはシャトルバスに乗りますが、長い行列でした。
登山口の百潭寺に着いて出発(10時半)。小雨模様です。
河原には石塔が沢山積まれていました。
 
日本と同じように紅葉の季節です。
途中にもお寺があります。地図標識が所々に建てられていました。 

リスを時々見かけました。
 登山道はよく整備されています。
降ってくる人も多く登山道は混雑していました。
 待避所(避難小屋です)が途中にありました。
昼食ですが貰ったお弁当は海苔巻でした。
 
10/16 雪岳山の登山口百潭寺から中青山荘まで(後半)
  
水簾洞渓谷沿いに進みます。前方に岩のピークが見えてきました。
段々沢が険しくなってきます。
立派な標識が所々に建てられています。
大きな滝が見えてきました。
登山道は右岸の斜面に鉄の階段で登っていました。
またきれいな滝がありました。
登山道も石がごろごろした険しい道となってきました。

尾根の稜線が近づいてきました。
前に岩崖が出てきて水枯れの滝が目の前に現れました。
尾根上に到着し「鳳頂庵」(お寺です)に 16時到着。
ここでゆっくりと休憩しました。
水場がありおいしい水をたっぷり飲みました。
矢印が現在地で指で示した所が最高峰の山頂です。
展望が広がってきました。でももう夕日です。
よく見ると看板の片隅に日本語も書かれていました。
やっと今日宿泊する待避所(避難小屋)が見えました。
(18:00着。登山口を出発してから7時間半です)
上の山が最高峰の大青峰です。
小屋の中の様子です。2段になっており日本の山小屋に似ています。
食事は出ませんが、毛布など借りられます。夕食作りの様子です。
この日の夕食はご飯に明太子、各種のキムチ、ソーセージ
スープなど。食後はコーヒーをたっぷり飲みました。
 
10/17 大青峰から雪岳洞まで
 
朝の食事です。インスタントの餅入りスープでした。

朝早く起きて山頂でご来光を迎えました。大青峰頂上です。
カーソルで触れると御来光の画像が見られます。(6時35分)

山頂から登ってきた小青峰方面を俯瞰しました。宿泊した中青山荘
が見えています。今日は小青峰から右の尾根を下ります。
中青待避所に戻り出発準備をしました。

展望を楽しみながら下ります。小青峰から少し下った所で
登りの時の道から右に分岐する。
 
下りも大勢の人で混雑しています。

大分下ってきました。良い眺めです。
 
尾根から外れ千仏洞渓谷を下ります。両側が切り立った岩崖が続く谷間で
滝がかかっていました。鉄の階段と橋が続きます。

谷底まで下ります。カーソルで触れると谷底に
降りた所の風景が見られます。
その後も峡谷が続きます。下の谷底を見るとひやーっとする景色です。
しっかりした鉄製の整備された道が続きますので景色を
楽しみながら安心して歩けます。岩峰には松が生えています。
 

大分下って紅葉も出てきて谷間が美しく彩られてきました。
 

途中の岩峰でクライミングを楽しんでいる人たちが小さく見えていました。
カーソルで触れると岩峰の途中に岩穴を掘って作られた寺院の
景色が見られます。
飛雲台の休憩所について遅い昼食です。韓国料理のチチミとマッコリ、
ビビンバでした。後はゆっくりと登山口の雪岳洞まで歩いて
雪岳山の登山は終わりました。
 
10/18 北漢山ハイキング。白雲台登頂。
 
登山口からの登りは紅葉がきれいでした。尾根の稜線に出ると展望が
開けました。今日登る白雲台近くの岩峰「仁寿峰」が背後に見えています。
少しづつ登りながら見晴らしの良い岩の上に出ました。

途中にある見晴らしの良いヘリポートです。
カーソルで触れると霊峰(604m)からの眺めが見られます。
霊峰で仁寿峰をバックに記念写真を撮り、岩場を下ります。
鞍部に下って少し登った所から岩峰の仁寿峰を見上げます。
この岩峰はクライミングのルートが沢山ある所だそうです。
白雲台へ向かいますが、また登りとなりました。

白雲台への登りの途中からの眺めです。下はソウルの街です。
カーソルで触れると登り途中の風景が見られます。
岩峰である白雲台の上まで登るのに梯子や手摺が
つけられていますが、ちょっとスリルがあります。
白雲台山頂です。写真を撮るのに大行列です。
背後の岩峰は仁寿峰です。

白雲台から下り途中の風景です。
カーソルで触れると別の画像が見られます。
 
白雲台を下って登りとは別の登山口へ下りました。
北漢山のハイキングはこれで終了し、下山後は温泉入浴でした。
 
  韓国で食べた料理